留学Express

 

ゴールドコーストキャンパス | ブリスベンキャンパス | その他情報

 

学校名
Browns ゴールドコースト
規模
中規模
最大在籍人数
380名
訪問時の在籍人数
200名
学校の印象・特徴
<キャンパス>
・地下、1階、2階の3フロア
・ゴールドコーストには以下2キャンパス有り キャンパス間は徒歩3分程
  1. メイン(Marshal Lane)キャンパス 主にGeneral Englishとバリスタコースを開講
  2. Parkキャンパス 9/12にオープンしたばかりの新キャンパス 12部屋
   主に高校進学コースと試験対策コースを開講 11部屋
   サーファーズパラダイスとサウスポートをつなぐ幹線道路沿いにあり、見つけやすい立地
   高校進学コースの生徒向けにゲームルーム有り
 
・原則1クラス内に同国籍が35%以上にならないように調整してスケジュールを振り分け
・EOPを厳しくするのではなく、英語を積極的に話す生徒を褒めて伸ばす教育スタイル
・バリスタマシーン1台
  
<レジデンス>
・両キャンパスから徒歩約10分
・現地オフィスから徒歩約3分
・隣のビル一階に日本食レストラン、お弁当屋。
・スーパーまで徒歩3分。食材/日用品なんでも揃う。両替店も3店。日本語の病院も。
・レジデンスは同国籍者が同部屋にならにように振り分け
・最大13部屋52名が滞在可能 滞在状況をエージェントページで確認可能
・サウスポート内でおそらく最も大きなビルがレジデンス
・2LDKで寝室が二人部屋、1部屋に最大4名滞在可能
  シャワー及びトイレは各部屋にあり2名で共用。
  キッチン/冷蔵庫/食器洗い器!/炊飯器!/ドライヤーまであり設備充実
  (ただし部屋によって違う可能性アリ) 
・最新の空室状況はAGTページで確認が出来る
開講コース
一般英語・バリスタコース・各試験対策・進学コース・ジュニアキャンプあり
周辺環境
・サーファーズパラダイスまでトラムで15分 ticket$5.6、gocard約$4
・学校及び寮が位置するサウスポートはゴールドコーストのビジネス街
  周辺は非常に落ち着いており、生活に必要なものは徒歩で全て揃えることが可能
・平日夜20時半を過ぎると地元の方は誰も歩いていない静かな街
日本人の割合
20%
日本人スタッフ
こんな人向き
・ゴールドコーストに行きたいが、「サーフィンはしない」「賑やかさは求めない」方
・落ち着いた環境で生活したい方
・きれいなでセキュリティのしっかりした学生寮で滞在したい方
周辺環境
ゴールドコーストキャンパス

学校名
Browns ブリスベン
規模
大規模
最大在籍人数
540名
訪問時の在籍人数
350名前後
学校の印象・特徴
<キャンパス>
・以下2キャンパス有り
  1. Englishキャンパス 主にGeneral English及びEAPを開講
   セントラルステーションから街の中心部に向けて徒歩5分程の場所
   King George Stationの目の前
  2. プロフェッショナルキャンパス 主に専門コース、バリスタコースを開講
   セントラルステーションの目の前
   もともと鉄道会社のオフィスだったため、各教室に駅名がつけられている
・バリスタマシーン2台
開講コース
一般英語・バリスタコース・各試験対策・進学コース・ジュニアキャンプあり・プロフェッショナル(専門コース)・EAPコース
周辺環境
・ブリスベン市内、アンザック/セントラル駅の目の前の好立地!
・徒歩圏内になんでもある
  セブンイレブン、フードコート、ユニクロ、ダイソー、アジアンショップ等
日本人の割合
15%
日本人スタッフ
非常勤であり
こんな人向き
・落ち着いた環境で勉強したい方向け
周辺環境
ブリスベンキャンパス

その他情報
<高校進学>
・BROWNSはEducation Queensland International(クイーンズランド州の教育部門)と提携しており、
  数多くの公立高校への進学パスを持っている
・高校進学時はEQIからのコミッションがありBROWNSと折半
・1学期間から高校での就学が可能(成績証明書発行)
・ビザは事前にまとめて申請することも現地での延長も可能
  手続き上、事前申請が好ましいとのこと
  
<ビジネスコース>
・サーテフィケートコースは事務職に就くための学習がメイン
・ディプロマコースは総合職に就くための学習がメイン
・EAPまたはビジネスコース経由で大学進学可能
・ビジネスコース修了者は進学先によっては単位変換可能
・大学進学時のコミッションは無い
  
<バリスタコース>
・カフェの作り方だけでなくホスピタリティ及びカスタマーサービスも学習可能
・国籍バランスは非常に良いとのこと(OOL校視察時は9名中4名が日本人、その他イタリア人台湾人ブラジル人)
・各クラスのオーダーを取りに行き、作ってから配りに行く
  その際、正しい表現で対応しなければ担当講師に指摘される
・各自役割を持ってチームとしてコーヒーを作る
・非常に実践的な授業である反面、バリスタマシーンの数が限られているため自分の担当でない時に
  どのように自己学習及び他の生徒と交流するかが重要
  
<ジェネラルイングリッシュ> pre-intermediateの授業に参加
・15名 日本人4名、スペイン人1名、スイス人2名、韓国人2名、香港1名、タイ1名、コロンビア1名、
  台湾1名、ブラジル2名
・参加したのは文法クラスであったが会話を通して教えるシステム